年間を通してUVカット乳液はお顔に塗っている

「絶対に、日焼けしない。」と頑なに思ってはいませんが、もともと紫外線に当たらないように日ごろから気をつけています。ですから年間を通して、UVカット乳液はお顔に塗っているし、日差しが強い今からの季節は朝から日傘を手放しません。もともと(自分自身で言うのもおかしいですが)私は肌が白い方なので、他の人たちよりしみやソバカスが目立って見えるし、年齢からして肌のしっとり感が無くなってきているのを自分でもわかっているので、カサカサの元になる日焼けはなるべくしないように気を遣っています。それと、念入りに保湿して、肌のことを考えて毎日、定期的にビタミン剤など皮膚科で処方されたクスリも飲んでいます。あれこれとお金がかかりますが、現在の自分の歳を考えてできるだけのことをやっていく必要があるというのはどうにもならないことだし、どうにもならないと言って諦めようとは思わないのでできる限り、私なりに差し当たり出来ることを色々試しているところです。決して、若々しく見られたい訳でもないのですが、同じ年齢の友達にちょっとでも差をつけたいという本心もなきにしもあらず。現在は摂っていませんが、少し前にビタミンCのサプリを進んで摂っていた時期があります。当時は1ヶ月位飲み続けたら、肌の化粧ノリなどがとても良くなったことが記憶に残っています。そのため、ここ最近はビタミンC含有量の多い野菜や果物を意欲的に摂ることを心掛けています。もちろん、食事から摂れるビタミンC量はそんなに多くなく、普通ならサプリをうまく活用した方がよいのですが、それでも食事から摂る方がやはり体に良いかんじがするのです。ビタミンCは肌を美しくしてくれますが、美白の効果もあって、特に紫外線の強い時期は日焼けしたお肌の改善を手助けしてくれます。お肌は日焼けしてしまうと、その後でしみや黒ずみを作ってしまうことがあります。もちろん日に焼けないことが肝心なのですが、やはり外を歩いていれば焼けてしまうこともあるでしょう。そういう時にはビタミンCを積極的に摂って、肌の回復に集中する必要があるのです。もしも食べ物だけではうまくいかないという時は、やはりサプリを服用したり、シートタイプのパックを使うのもやり方の一つだと思います。ビタミンCが入ったシートパックを使うと、翌日の肌のハリがまるきり違ってくるので、例えばデートなど何が何でもお肌の状態を整えたいという場合は、シートマスクが効果抜群です。
あたしは40歳間近の既婚女性ですが、キレイになる為に良質な睡眠時間をキチンと確保するように心掛けています。睡眠不足ですとあくる日の自分は概してお肌がボロボロになっていて、目のところが黒っぽくなって体調が悪そうに見えてしまいます。こんな顔ではいられないので必死に化粧をしても、老化しつつあるボロボロの肌はどうにもなりません。自分は7~8時間くらいが眠る時間として望ましいので、起床する時刻から逆算しとっとと就寝するようにしたり、目を閉じて、気にならない程度の音量で気に入っているリラクゼーション音楽をきいたり、ほかほかのカラダで布団に入れるように就寝前に牛乳やカモミールティーや生姜ドリンクのホットを飲んだりといったことを心掛けながら過ごしています。良質な睡眠を取れたつぎの日の朝は携帯アラームをONにし忘れてても自然と時間に起きられますし、お肌もイキイキとしてファンデのつきもいいです。毎夜しっかりと睡眠をとるためにも、日が高いうちはエクササイズを行ったり、ダラダラせずに過ごす事も、美容につながっていると思い毎日行っています。私が美容のために気を掛けている事はいくつかありますが、それは全部「生活リズムが整った暮らし」というのがベースとしてあるんです。身体の健康のためになることは、美容的にもすごく有利に働くんだと身に染みて感じています。何故なら、私が以前従事していた会社は少々特殊で、生活習慣リズムが朝と夜があべこべになるとかバランスのとりにくい仕事でした。勤務内容も重労働といえるものでした。すると、今一つ疲れが取れなかったり、体調を崩しやすくなり、かつ治癒力の低下を感じるように・・・。その様な具合の悪さを感じていたら、今まで存在しなかった肌のトラブルに頭を抱えることが増えたのです。あと、勤務がきつくなる度に、整骨院で身体の歪みを言われることもありました。現在はそのお勤めを辞めて、常識的ないいリズムで暮らしていて、少しずつ身体のつり合いも整えられ、皮ふトラブルに悩んでいたのがくるっと反転してすっかりなくなったのです。普段は午後十一時を過ぎる頃には就寝するようにし、あくる日は早朝に布団から出ます。また夜になるまでに運動して汗を流すようにしています。この頃は、こんな感じに過ごしていくうえで生活習慣リズムを整えておく事が美容面でもとても大事であることを心の底から感じとっている今日この頃です。